経営者住宅ローン審査で重要なポイントとは?

経営者の方が住宅ローンを利用する場合には、経営されている会社の実績はどうなっているのか慎重に審査されます。
法人を設立してから最低でも三期が経過して、きちんと三期分の納税も終わっているという状態で、初めて住宅ローンの申し込みが出来る段階になると考えていて良いでしょう。
ただ、重要なのはその会社が創業してからどれくらいの年月が経過しているというだけではなく、赤字を出すことなく安定した業績を上げているかということです。
いくら長期間経営者をされていたとしても、いつも赤字でたとえ住宅ローンを契約しても返済が難しいだろうという判断をされれば審査には通過出来ません。
安定した業績を上げており、信用できると判断されるような会社の経営者が住宅ローンを利用できるのです。
住宅ローン審査申し込み